twitter

傷害保険と生命保険の違いと利点

Category : 傷害保険テーマリスト

傷害保険とは、自動車事故や自然災害などの外来の要因によって、傷害保険加入者が怪我を負い、入院や通院を行う必要性が生じた場合に、所定の保険金を支払う保険である。

類似の保険として生命保険が挙げられるが、生命保険では、その保険の本質が、高齢になるほど病気への罹患率が高まったり、死亡する危険に対する保険である為、治療を必要とする怪我や疾患が外来の要因に縛られていないなど、保険としての本質が傷害保険とは根本的に異なる。



また、傷害保険と生命保険の違いには、その加入条件にもある。

傷害保険では、外来に起因する傷害に対して保険をかけるものであるため、いわゆる告知義務がなく、加入条件に病歴や年齢が関係なく、その保険料は年齢によって変化しない特徴がある。

しかし、生命保険では、高齢になるほど病気への罹患率が高くなる事や死亡率が高くなる事、以前に大きな病気を患った経緯のある場合、再発のリスクや他疾患への波及を懸念し、年齢や病歴によっては生命保険への加入をする事が出来なく、基本的に高齢になるほど、その保険料は高くなる傾向がある。

このように生命保険への加入が困難である場合、外来を起因とする傷害や死亡への備えとして傷害保険は有効である。



傷害保険に加入するメリットとして、まず挙げられるのが交通事故に対する備えである。

交通事故は、あらかじめ想定する事ができず、しかも交通事故に遭った場合、怪我の治療費として思いがけない大金が必要になる事も考えられ、かつ、怪我をした人が、家庭を経済的に支えている場合、その家族に膨大な経済的負担がのしかかる事になる。

そのような、万が一の時の怪我に対する保険として、傷害保険は非常に有効なものである。

また傷害保険の特徴として、交通事故だけではなく、通勤途中や観光旅行中の怪我までカバーしてくれる点がある。

Post a comment

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans